忍者ブログ
手ブロ企画用ブログです。 小話をのろのろと書いてます。裏話やIF話も含みます。
[29]  [28]  [25]  [24]  [23]  [22]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

過去ログその3.百鬼。



1.菖蒲過去話




燃え落ちた村は、ただ死の気配しかしなかった。





「……だから、人間と関わるのはおよしなさいと言ったのに」

元は人が住んでいたのだろう家々は燃えおち、まだ微かに燻って。
その中を迷うことなく村の一番奥へと歩を進める。
血の香と死臭が強く香る、その場所へと。

「おや、まぁ……」

悲惨、という言葉はこの場合この状況を説明するに値するだろうか。
積み上げられた大量の「元・人間」の死体。
元、とつけたのはそれを人間と称するには、少々原型というものが残らなさすぎていたからである。
そして、その大量の死体の上に膝を抱えて座り込む、一人の子供。

「あやめ、くんですね。ふむ、声は届いていますか?」
「………」

空ろな目をこちらに向けはしたものの、何の反応もない。

「この状況をみるに、まぁ、典型的な例ですよね……。だから人間なんかと暮らすなといったのに。あの子達は……」

そこまで言って、それから反応のない子供へともう一度目を向けた。

「あやめくん。もしお辛いのでしたら、忘れてしまいなさい。大丈夫。貴方のこれから生きる場所は保障します。私から話をしておきますから。聞こえてはいるのでしょう?」

子供は、何も反応しない。

「それとも、生きるのを拒みますか?抵抗しない子を殺すのは忍びないのですが……介錯程度ならできますよ?」
「…………」
「選びなさい。全てを忘れて生きるのか、全てを覚えたまま死ぬのか」

やんわりとした口調で、しかしはっきりと告げる。
それからは、ただ子供が反応を示すまで待つだけ。
どれ程の間、待っていただろうか。
ようやっと、子供の気配が揺らいだ。

「…たい」

頬を伝いおちるのは、涙。
此処にきてから、初めて子供が見せた感情。

「生き、たい。死にたくない。怖い、やだ、死にたくない」
「では、生きなさい。それの手助けをいたしましょう。でも、いいのですか?忘れることを選ぶのですよ?」
「……いい、覚えてたくない。怖い、怖いよぉ……!!」

ぼろぼろと零れ落ちる涙を、手を伸ばして拭ってやりながら、すこしだけ困ったような笑みを浮かべた。

「わかりました。では、少々の間、寝ててください。その間にすべてが変わってますから」
「ぅ……」
「いい子。ね?」

ゆっくりと頭を撫でるその感触に少しづつまぶたが下がり始め、数分もしないうちに身体が崩れ落ちた。
それを軽々と受け止め、腕に抱えて、もと来た道を戻る。
着物に血がついてしまうが、それもいたしかたあるまい。
もとより、着物の裾は引きずっているため、血と土で汚れてしまっている。

「さてはて、それにしても恐ろしい」

幼い顔で眠り込む子供を見下ろして呟く。
その身体は、鮮血を頭からかぶったように真っ赤に染まっていた。
否――事実、この村の人間を殺したのは、この子供だ。

「一人で、50人近くを、この様子からすると、ほぼ半日かからずに、ですか。さすがは、鬼ですかね?刀を持たせると怖い」

この村に住むものは法力を持つ者もいたと聞いていた。
だから余計反対をしたのだが。

「結局、無駄でしたねぇ。まったく……子供残して逝くなんて、最低ですよ?」

愚かな、と呟きながらもその顔は悲しそうに沈んでいた。

「安心してくださいとは、言えませんが。この子が生きる環境は整えましょう」

これからこの子供が生きる場所は、決して安全な場所ではない。
それでも、この子は生きるしかない。自ら生きることを望んだのだから。

「さて、早いとこ帰りましょう。無断で出かけてきてしまいましたし……。私の仕事、誰かやっててくれませんかねぇ……」

ふわり、ふわりと、白い髪が跳ねて木立に消えた。




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
総角煉
性別:
女性
自己紹介:
本職は一応字書きです。
絵は嗜みというか趣味というか。
このブログは手ブロ企画用うちの子プロフィールをまとめておくための場所です。
小説なども書いています。
フリーエリア
忍者ブログ [PR]