忍者ブログ
手ブロ企画用ブログです。 小話をのろのろと書いてます。裏話やIF話も含みます。
[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

美代と夜です。出撃前なイメージで。


くるり、とダンスをするように一回転した美代は、その出来に満足げにうなずいた。

「うん、これでよし。ね、月野。これで二十歳くらいにみえるでしょ?」
「えぇ。変化がお上手ですね、美代さん」
「ふふ、まぁね」

常と変らぬ微笑みを浮かべた夜は、やれやれ、とためいきをついた。

「人間というものは浅はかなりけり、ですね。考えることが、傲慢すぎる」
「それが人間っていう種族なんだから仕方ないんじゃないの?」
「それでも、です。幾度となく同じことを繰り返して、何が楽しいのでしょうね」
「…人間の業でしょ。それこそ、あたしらと相いれない理由だ」

渋い顔をして美代はつぶやく。
それに気付いた夜は、「あ、」と声を漏らして苦笑した。

「すみません、貴方に言うことではありませんでしたね」
「別に。もう、諦めてるからいいよ」

ふい、と顔をそむけて美代はため息をついた。
過去にとらわれたところでどうにもならぬことだ、と美代自身がよくわかっているからだ。
それをわずかなりと知っていたのに、うかつな発言をしてしまった、と夜は申し訳なさそうに眉尻を下げた。

「あまり、ご無理はなさらないほうが」
「いいんだって。人間は弱くてもろくてそのくせ傲慢で。だから、あたしらは身を守るためには退ける必要があるんだよ」

そのためであるならば、どんなことでもする。
そう言って美代は笑った。すこしだけ、悲しそうに。
そのうちに宿る思いが何であれ、決意をしているのならそれを邪魔するwけにはいかぬ、と。

「そうですか。なら、ご助力いたしましょう」
「うん。戦闘なら任せて。体力には自信あるんだ」
「ふふ、期待しております」

 

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
総角煉
性別:
女性
自己紹介:
本職は一応字書きです。
絵は嗜みというか趣味というか。
このブログは手ブロ企画用うちの子プロフィールをまとめておくための場所です。
小説なども書いています。
フリーエリア
忍者ブログ [PR]